20代後半フリーター就職

28歳職歴なしフリーター就職


28歳フリーター職歴なし 就職したい

28歳職歴なしフリーターから就職するには、どういった方法が良いでしょうか。
自力で就職活動しているけれど、書類選考も全然通らない・・・と悩んでいる方も多いと思います。

就職市場の厳しくなってきています。

でも、今だからこそ正社員として就職しなくては・・・と焦っているフリーターの方も多いのではないでしょうか。

28歳、もうすぐ29歳

グズグズしていたら、職歴なし社会人未経験から正社員になりやすい20代が終わってしまう・・・

30歳になる頃にはもっと求人が減っているかもしれないし、30歳は未経験OKの求人が減ってしまう。

職歴なしフリーターから正社員になるためには、28歳が勝負の年齢、といって良いと思います。

28歳職歴なしフリーターから就職するには、内定率の高い方法がおすすめです。

28歳職歴なしフリーターが正社員就職するには

20代後半から目指す正社員就職

色々事情があって正社員にならないまま今の年齢を迎えてしまった・・・

中には28歳、29歳といったように、30歳を前にして就職活動に取り組むフリーターや既卒の方も多いのではと思います。

職歴なし・社会人未経験、という方も多いのではないでしょうか。

新卒で就職したものの、入社してみたらブラック企業・・・すぐに仕事を辞めてしまってからフリーターという方もいるかもしれません。

正社員として就職するなら30歳前。
よく言われますよね。

実際、未経験OKの正社員求人が見つかりやすい年齢で区切っていくと、ボーダーラインと言えるのは29歳といって良いでしょう。

30歳を超えると、急激に求人が見つからなくなるエリアは多いです。

国内で最も求人数が多い東京都でも30歳以上の未経験歓迎の正社員求人は激減しますから、就職を希望されるエリア、お住まいの地域によっては求人件数ゼロ、といったところもあるかもしれませんね。

地方都市はやはり20代後半、30代フリーターや無職の方が就職を目指すには不利な点が多いといえます。

28歳、職歴なしフリーターは就職出来ない?

就職できないフリーター

既に就職活動に取り組んでいる方で、「なかなか就職できない・・・」とお困りの方もいると思います。

良いなと思える仕事、求人をやっと見つけて応募を続けていても、なかなか内定が出ない。

それどころか書類選考も通過しない・・・といった時期が続いてしまうと、就職へのモチベーションもさすがに低下してしまう方が多いでしょう。

フリーターから正社員就職を目指す場合、どうしても就活が長期化する事が多いためモチベーションの維持が問題となります。

就職できない期間が続く場合、モチベーション維持をどうするかも重要ですね。

正社員になろうと思った切っ掛け、正社員になるメリットなどを再確認するのもオススメです。

もし、職歴なし・社会人経験なし、といった状況から正社員就職を目指すのであれば、28歳はボーダーライン、29歳は本当にギリギリと考えて良い年齢です。

就職にあたっては、ある程度は職種を選びたいと思います。
そういった意味では、29歳はギリギリの年齢といって良いでしょう。

20代ということでまだ選択肢がある年齢となります。

30歳を超えますと、応募可能な求人は一応ありますが「非常に限定された職種」の求人ばかりが見つかるようになります。

多いのはやはり営業職ですね。
通信、住宅、保険。コールセンターのお仕事もよく見られるでしょうか。

いずれもキツそうな仕事です。
その代わり、高年収が得られそうなインセンティブなどはあります。

高年収を得たいから・・・と目指す方もいると思いますが、大多数の方は応募を避けたいと考えるのでは、という正社員求人といえるでしょう。

このまま年長フリーター(25歳~39歳)としてアルバイト歴がどんどん長くなってしまわないように、20代の間に正社員就職を成功させるように動いてみてはいかがでしょうか。

フリーター脱出、無職から就職するための方法は一つではありません。
就職に成功するために色々と試してみる行動力も大切といえますね。

職歴なし・社会人未経験 20代後半の就職活動

20代後半、就職のために正社員求人を集める方法ですが、職歴なし・社会人未経験向けの就活方法となると限定されます。

内定率の高さも考慮したいですね。

就職したいフリーター向け就職支援サービス

書類選考の通過率を高め、面接対策もしっかりと行う。
そのためには就職支援の専門家からのサポートを受けながらの就活がオススメです。

⇒ ジェイック

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

などは20代で正社員就職を希望する方に特化して就職支援を行っています。

28歳フリーターの就活が失敗するケース

28歳、職歴なしフリーターから早く脱出したい、という気持ちが強すぎると就活に失敗してしまうケースもあります。

家族などから就職に対して、プレッシャーがあって・・・といったこともあるかもしれませんが、就職して働く以上は長くキャリアを積める会社に就職することが大切です。

早期離職になってしまわないように、会社の情報をしっかり得ることが大切です。

焦ってしまった結果、就職失敗例としては、

・ブラック企業に就職してしまう

・企業研究が不十分、就職したら全くやりたい仕事でなかった

といったケースがあります。

せっかく内定が貰えて正社員になれたのに、入社して早々にすぐ「辞めたい・・・」となるパターンです。

長い職歴なしフリーター期間の後、早期離職という職歴が加わってしまうと、再就職は難しいものとなります。

28歳フリーターからの正社員就職では、失敗のないように長く働くことができる会社選びが重要となってきます。

先ほどご紹介した就職エージェントを利用すると、会社の内部情報も含めて情報をもらうことができます。

就職活動の失敗を減らすことが出来ますので、ぜひ活用してみてください。

28歳、職歴なしフリーターから脱出、正社員就職するために

こうした就職支援サービスを利用する場合、今やりたい仕事が無い場合であっても、キャリアカウンセリングや面談を通して、興味のある仕事、好きな事を深掘りし、向いている仕事などを探して求人紹介につなげていってくれます。

もちろん、希望の働き方や仕事があればそれに沿って求人を探してもくれます。

20代でフルタイム、長くしっかりと働くつもりがある方であれば職種を限定しすぎなければ、紹介可能な正社員求人は意外と多いということです。

求人を探すタイミングもありますね。

高卒、大学中退、フリーター、既卒の方など正社員として就職を希望される方であれば利用して就活を行う事が出来ます。

就職活動に取り組む期間が長くなると、それこそ30歳を迎えてしまう・・・という方もいるでしょう。

30歳になると正社員求人が減るのは何度も書いている通りです。

出来れば、求人がみつかりやすい20代の間に就職活動をしっかりと進めて、興味のある仕事、自分に合う仕事に就職を決めたいですね。

28歳、職歴なしフリーターはヤバイ!就職できない状況を抜け出すための方法

28歳で職歴なしフリーターは年齢的に結構厳しいです。

気を抜いているとすぐに30歳になってしまいます。

職歴なしフリーターのまま30歳を超えてしまうと、正社員になるのは本当に厳しくなります。

30歳を前にして、就職をしたいと考えた切っ掛けも色々とあると思います。

フリーターの末路を考えると、いろいろと不安になる将来しか描けないのではないでしょうか。

20代後半からの正社員就職には、未経験求人が豊富、また応募する企業ごとに対策を一緒に立ててもらえる就職支援サービスの活用が、内定率を高くした就活ができますのでおすすめと言えます。

⇒ 既卒・フリーター向け就職支援サイト