既卒から正社員就職を成功させたい
既卒 フリーター 職歴なしからの就職 > 20代仕事探し > 20代後半 フリーターの就活はどうすれば成功しやすい?

20代後半 フリーターの就活はどうすれば成功しやすい?


20代後半 フリーターの就活

脱フリーターを目指す20代後半の就職活動

「20代後半、そろそろフリーターを脱出して正社員就職したいけれど・・・どうしても就職に自信が持てない」

「就職活動、何から情報収集をしたら良いか迷ってしまって・・・」

「自分では求人サイトを使っても働きたい会社、やりたい仕事が見つけられない」

といった方も多いのでは、と思います。

「ブラック企業へ就職してしまわないか、心配で・・・」

といった方も多いかもしれません。

そうした不安、心配を無くして就職活動をする方法があります。

20代後半、職歴なしフリーターからでも十分間に合う就職活動をすることが出来ます。

職歴なし、20代後半フリーターの就活で重要なこと

正社員面接
職歴なし、20代後半のフリーターが就活をする上で意識したい、重要なポイントには次のようなものがあります。

年齢を意識する

20代後半は、職歴がある・無いに関わらず年齢に見合った社会常識、マナーが求められるようになります。

20歳前後の求職者の方の場合だと、面接マナーや話し方がちょっとどうかな?といった方もいるのですが、大目に見てもらえる場合もあります。

しかし、20代後半ともなるとフリーターとして働いている方も多いはずです。
少なくとも、アルバイトとして職場でマナーや話し方、対応の仕方などが最低限は身に付いていると判断されます。

そのため、面接マナーや言葉遣いに関してはしっかりと意識をすることが前提といえます。

ブランク期間を考えての面接対策

大学や高校を卒業して既卒フリーター、大学中退フリーターの方など経歴もいろいろとあると思います。

それぞれの方のブランク期間に合わせて面接対策をすることが重要です。

正社員の面接では質問される内容もブランク期間によって、変わってくる事があります。

アルバイト経験を活かしてのアピールも有効

アルバイトは基本的には職歴にはなりません。

しかし、応募先の企業の業務内容と関連したアルバイト経験があるのでしたら、アピールすべきです。

全くの未経験者ではない、と判断して評価が上がる可能性があります。

アルバイト経験から興味を持った仕事、といったアピールも効果的なことが多いです。

職種への応募になりますから、どうして応募先企業の仕事に興味を持ったのか、というアピールはオススメですし、した方が良いでしょう。

未経験者歓迎の求人へ応募する

20代後半、フリーター職歴なし、ここから正社員就職を成功させるためには少しでも書類選考が通りやすく、面接できる可能性が高い求人を中心に会社を選んでいく必要があります。

そのためには、応募の中心としたいのは「フリーター歓迎、未経験者歓迎の求人」ですね。

こうしたフリーター歓迎、未経験者歓迎の求人の多くは中小企業からのものです。

大企業は新卒採用が比較的、うまく進みます。
そして中途採用は基本的には、即戦力の転職希望者となりますので、未経験OKの求人はほとんどありません。

職歴なし20代後半のフリーターが狙うべきは、やはり「フリーター歓迎、未経験者歓迎の求人」が中心となります。

会社、求人を選び過ぎないこと

大手企業へ就職できたら良いですよね。
初任給も高いですし、福利厚生も手厚いです。

しかし、フリーター・ニートから応募出来るような未経験者向け求人はほとんどありません。

職歴なし未経験から採用されやすいのは、未経験者を採用してから育てよう、と考えている中小企業といえます。

その背景には、人手不足があることは間違いありません。

特に20代は採用の需要も多く、それがあってこそ今は職歴なし社会人未経験フリーターも就職がしやすいと言えます。

まずは正社員として就職をして経験を積む事が大切、と考えることが重要ですね。

あまり会社の知名度が無いから・・・規模が小さいから・・・

と選ばずに、就職してどんな職種で働くのか、どんな経験を積む事が出来るのか。
経営の安定性などを中心に企業研究をされると良いでしょう。

中小企業でも経営が安定している優良企業ってたくさんありますよ。

社長と距離が近いので、働きやすい会社に就職できると、本当の離職率が低いです。

人の新陳代謝が進まない企業、といえないこともありませんが離職率が低い事は、就職先選びの重要なポイントにはなります。

離職率が高い企業はブラック企業の可能性が超高いですからね。

会社の規模、知名度などで求人を選び過ぎず、まずは企業研究をしてみることをオススメします。

20代後半、就活成功のポイントは面接対策

20代後半、書類選考が通ることはもちろん大切ですが、これまで以上に重要になるのが面接対策です。

25歳、26歳、27歳、28歳、29歳と20代後半ともなると、年齢的にそれまでとは違いものが求められるようになります。

27歳なのに・・・28歳なのに・・・といった事が多く思われてしまうようになるからです。

面接マナー、言葉遣い、志望動機のまとめ方、話し方、目線、様々なことがこれまで以上に厳しくチェックされていると考えて良いでしょう。

ただ、面接対策は一人では正直、難しい面もありますよね。

そのため、出来れば就職エージェントなどプロの力を利用しての面接対策がオススメです。

職歴なし、20代後半フリーター就活を有利にするコツ

20代後半、職歴なしフリーターから本気で正社員就職を目指すのであれば、内定獲得まで遠回りをしている余裕もない方が多いと思いますので、フリーター向け就職支援サイトを利用する方法をオススメします。

⇒ 既卒・フリーター向け就職支援サイト

フリーターや既卒、大学中退者、ニートといった方の就職支援をメインとした事業を行っていますので、最優先でしっかりと就職サポートをしてもらうことが出来ます。

またこうした就職支援サイトが扱っている求人自体も、

フリーター歓迎、未経験者向け求人

がメインですから、内定獲得しやすいと言って良いでしょう。

もちろん、就職エージェント経由で企業が採用したい人材の条件もありますから、全ての求人に応募可能なわけではありません。

しかし就職エージェントが間に入って、マッチングしやすい企業を複数紹介してくれます。

企業への推薦、面接対策なども手厚くサポートしてもらえますから、一人で就職活動をするよりも高い内定率を実現することが出来ます。

通常の就活では不利になることが多い20代後半フリーターの就職活動よりも、こうした就職支援サイトを利用しての就活の方が、時間も短縮して内定獲得まで進めることが多いのも利用をオススメするメリットです。

特に年齢的に30歳が近いフリーターの方は、こうした就職支援サイトの活用がオススメです。