企業説明会
既卒 フリーター 職歴なしからの就職 > 20代仕事探し > 職歴なし29歳フリーターの就職活動

職歴なし29歳フリーターの就職活動


職歴なし29歳フリーターが就職するために

20代後半、最後の就職チャンス、29歳の間に正社員就職する方法

29歳。20代後半もあっという間に過ぎて・・・29歳が正社員になるための最後の就職チャンスの年、と思って就職活動に取り組んでいる方も多いと思います。

29歳で正社員就職に成功しなければ、仕事探しが今よりも厳しい状況になる、ということで焦りを時々感じているフリータやニートの方もいるかもしれません。

30代になると、確かに職歴なし社会人未経験のフリーターやニートの方にとっては就職がとても厳しくなるのは事実です。

未経験者向け、応募出来る求人が急に減ります。
30代に対しては多くの企業は即戦力となる人材を採用したい、と求める事が多くなるためです。

実際、未経験者を採用するなら20代までが望ましい、といった方針を持つ企業はとても多いんですね。

そうした事から脱フリーター、就職の狭き門がさらに狭くなることになってしまいます。
(30代フリーターになった場合でも就職できない訳ではありませんが、就職できる業界・職種はかなり限定はされてきます)

29歳、職歴なしフリーターからの正社員就職。

状況を考えると確かに厳しくはなりますが、29歳から正社員就職する人は普通にたくさんいます

求人の探し方、履歴書など応募書類の書き方、面接対策の仕方などに気をつける事で、29歳フリーターの方もまだまだ正社員就職することは可能です。

正社員就職を目指すのであれば、少しでも多くのチャンスを得えやすい20代の間に求人への応募を進めていきましょう。

職歴なしでも正社員就職しやすい人の共通点

職歴なし、フリーターから正社員として採用されやすい人の共通点をまず抑えておくことも重要です。

実際に多くの人事担当者、就職エージェントでコンサルタントとして活躍する方の話を総合すると、次のような人はフリーターからでも正社員就職しやすい人、といえます。

逆をいうと、これらに当てはまらないと就職活動が厳しくなりやすい傾向がありますので、注意が必要です。

素直さがある人

未経験者を採用する場合、採用担当者が重視するのは素直さがあるかどうかです。

面接という短い時間で、そこまで人間性を見抜くのは難しいものがありますが、採用してから職場に馴染みやすく、先輩社員からのアドバイスを素直に聞き仕事をどんどん覚えていけるような人材かどうかを見極めようとしています。

明らかにおかしな問題に関しても何でもイエス、ということは問題ですが先輩社員からのアドバイスを否定ばかりする人材は職場の雰囲気も悪くしますし、ビジネス上でもトラブルを引き起こしやすいと考えられます。

29歳、職歴なし未経験、という年齢と経歴を考えると、アドバイスは素直に取り入れてスピード感を持って仕事を覚えていくことが重要です。

そうした部分での素直さは、言葉遣いや面接内容から見られています。

努力が出来る人

長いフリーター歴の後、正社員就職する場合には出来るだけ早く仕事を覚えていくことが求められます。

就職というスタートが遅いのですから、自分自身でも努力をして仕事を早く覚える事が必要です。
失敗しても努力できる人は、やはり伸びるのが早い傾向があるということです。

仕事をしていく上では、新人時代だけではなくずっと努力が出来る人は伸びていきますね。

フリーター時代にどんなことを努力してきたか、といったことをアピールできると評価してもらえるでしょう。

志望動機がしっかり伝えられる人

就職するためには面接を突破することが必要となりますが、面接官に対して自分の言葉でしっかりと志望動機を伝えられる人は、評価を得やすいといえます。

他にも応募者が多数、ということもあるでしょう。

その場合には特に採用の決め手となるのは志望動機、といった事は多くなります。

企業としてもより自社の業務内容を調べ、その上でヤル気のある人材に入社して欲しいと考えているものです。

志望動機から、企業研究をしっかりと行ったかどうか、ということは伝わります。

マニュアル通りの志望動機と感じられたり、他の企業にも使い回しができるような志望動機ではなく、応募した企業に対しての志望動機が評価されやすいです。

もちろん、「他の会社も受けていますか?」という質問があった場合には、御社が第一志望です!と即答することも大切ですね。

社会人としてのマナーがある

ずっとフリーターをしてきた、とはいえ年齢に応じた社会人としてのマナーは身に付けておく必要があります。

面接マナー、言葉遣い、質問への答え方、そういったことからしか面接官は判断できませんが、社会人としてのマナーが欠けていると判断されてしまった場合には、不採用の可能性が高まってしまいます。

30歳に近い人材を採用したとして、職場でマナーから教えるのは負担が大きすぎます。

アルバイトとはいえ、仕事をしてきているのですから人への対応、言葉遣いなど、気をつける必要があるといえるでしょう。

職歴なしフリーター、未経験から就職しやすい仕事

29歳、職歴なしから正社員就職を目指す場合、未経験から就職しやすい仕事を狙うことも大切ですね。
それには、採用にあたって特別な資格が必要無く、未経験者歓迎の求人が多い職種を狙っていくことが必要です。

例えば、

・営業職
・販売・サービス
・介護職
・ITエンジニア
・コールセンター
・土木・建設関係
・工場・製造業
・ドライバー

などの仕事は、20代であれば未経験からでも就職を狙いやすいといえます。

採用されやすいとはいえ、しっかり企業研究をし志望動機を作るなどは必要です。

確実に就職成功率を高めるために、就職支援サイトを利用する方法がオススメ

29歳、職歴なしという状況から正社員就職を目指す場合、自力での就活にこだわって時間が掛かってしまうのは避けた方が良いでしょう。

フリーター期間が長い人の就活は長期化しやすいとも言われていますから、就職活動を頑張っている間に30歳になってしまうことが無いよう、期間を決めて就職を決めることを目指されることをオススメします。

短期間で就職を決められる可能性が高いのは、就職支援サイトです。

⇒ 20代後半も就職成功多数!フリーター向け就職支援サイト

多くの既卒、大学中退、フリーターといった方の仕事探しをサポートしてきたプロのコンサルタントを利用して就職先を探すことが出来るサービスですね。

自力での就活よりも効率良く、非公開求人の情報を得ながら自分に合った仕事へ応募をしていくことが出来ます。

中には書類選考無しで面接、という就職支援サービスもあり短期間で就職先が決まりやすい要因になっています。

就職成功のためのサポートを利用できる

先ほど、社会人としてのマナーについての話題が出ましたが、29歳、職歴なしの方の場合には社会人のマナーなど、ちょっと自信が無くて・・・という方も多いと思います。

さらに志望動機も作るのが苦手、というよりも何をアピールしたら良いかがよく分からない、という方もいるのではと思います。

そうした就活の迷い、悩みなどがある場合で求職者一人ひとりに合わせてアドバイスをもらえ、必要なサポートを受けることが出来ます。

一人だと悩んでしまって就活が止まってしまうかもしれませんが、就職支援サイトを利用した場合には相談をしながら解決策を探していくことが出来るため、確実に就職活動を進めていく事が出来ると言えますね。

20代後半、職歴なしフリーターからの就職を目指す場合であっても手厚いサポートにより、成功率の高い就職活動をすることができます。

29歳フリーター女性も就職に成功しています

正社員就職を目指している方の中には、女性フリーターの方もいると思います。

男性フリーターに比べて、女性フリーターの方が内定率は下がる傾向にあります。
就活ではより苦戦しやすいと言えるのですが、こうしたフリーター向け就職支援サイトを利用する場合、女性向け職種の求人も多く保有しています。

そのため、女性フリーターの方も自力での就活をするよりも、高い成功率で就職活動を行える可能性が高いです。

・事務職
・販売・サービス
・ITエンジニア

など、様々な企業の非公開求人を紹介してもらうことが出来ます。

29歳 職歴なしフリーターが正社員になるために

将来の事を考えて、正社員になるために就職活動に取り組まれている方も多いと思います。

早く就職できればそれだけ生涯賃金も多くなるでしょうし、仕事も早く覚える事が出来ますね。

就職が遅くなればなるほど、キャリア面でのハンデが大きくなると考えて良いでしょう。

正社員就を目指すための就職活動ですが、始めるタイミングは早ければ早い方が良い、といえます。

求人情報を得る方法は色々とありますが、職歴なしフリーターから正社員就職を目指す場合には、プロのサポートを利用しつつ、しっかりと準備を行える就職支援サイトの活用がオススメです。

⇒ 20代後半も就職成功多数!フリーター向け就職支援サイト