既卒 大企業へ就職する方法

既卒も大企業へ就職できる


既卒 大企業へ就職する方法

既卒採用に積極的な大企業

既卒になってからの就職活動、新卒とは違い苦労する方も多いと思います。

そんな就職活動の中でも就職先として、大企業を希望している方も多いのではないでしょうか。

でも、

できれば大企業へ就職をしたい。でも既卒では大企業は無理なのかな・・・?

と悩んでいる方も多いのではと思います。

待遇面、キャリア、色々な面を考えてみても大企業へ就職する魅力があります。

新卒採用が多い大企業ですが、既卒者の採用にも積極的な大企業も実は多いです。

既卒から大企業へ就職するためのポイントについて、見ていきましょう。

既卒が大企業から内定をもらうために

既卒から大企業に就職するためのポイント

既卒で大企業に就職するのは、もちろんですが簡単ではありません。

どちらかというと、エントリーをしても就職できない人の方が多いと言って良いでしょう。

既卒者を何名以上採用する、といった基準を設けてる大企業も中にはあるかもしれませんが、良い人材がいなければ採用しない可能性もあり、といった大企業の方が多いのではないでしょうか。

大企業の人気は高いです。

よく売り手市場、といわれますが大企業に至っては買い手市場となっているケースも多いのです。

新卒も含め、競争率は非常に高いですからしっかりと就活のポイントを抑えて、準備をすることが大切となります。

既卒となった理由を説明出来るようにする(面接対策)

既卒の採用面接で必ず聞かれる質問の一つが、

なぜ既卒になったのか

という質問です。

この質問に対してしっかり受け答えが出来なければ、内定獲得は難しいと考えて良いというくらいの質問です。

既卒になった事情、理由は人それぞれ。

・海外留学のために日本の新卒就活に乗れなかった
・病気で就活が出来なかった
・就活を頑張ったが内定がゼロだった
・なんとなくやる気が出なくて就活しなかった

など、色々とあると思います。

過去は変えられないことは面接官も分かっています。

就職せず既卒になった理由。

しっかりと過去を振り返って、自分に既卒となった理由があればそれを認識した上でこれからどうしたいのか、といったビジョン、仕事への熱意などポジティブな話で終わることがポイントといえます。

ブランク期間がある場合、合わせてブランク期間についても質問があるはずですから、その期間中にどうしていたのかといった答えも用意することが大切となります。

学歴

既卒が大企業へ内定するために重要な条件が、学歴となります。

学歴不問、とあっても内定者の大学を見ると、

「いやいや、学歴関係あるよね・・・」

という結果になっていることは多いです。

学歴はやはり大企業へ就職する際には重要です。
既卒となってからの方が重要かもしれません。

東大卒の既卒1年目、という求職者の方が国学院大、法政大といった大学の新卒よりも内定がもらえる可能性は高いかもしれません。

何を学んだかにもよりますが、大卒既卒よりも大学院卒既卒の方が有利な大企業もあるかもしれませんね。

最近では既卒者の高学歴化も進んでいると言います。

もし大学院既卒の方も、民間企業への就職を目指すのであれば大企業への就活を中心にしつつ、といったことでも良いかもしれません。

自己分析をしっかり行う・自己PRの作成

既卒が大手企業に内定をするには自己分析をしっかりと行い、自分の強みを把握、しっかり自己PRが出来るような状態にすることが必要不可欠です。

自己分析ができていることにより、志望動機も強いものを作る事が出来ます。

ここで重要なのが、

新卒と違う自己PRを新たに作ること

です。

大学を既に卒業しているのですから、アピールするのは学生時代のことでなく卒業後どんな経験をして何を身に付けたり、学んだりしたか、を中心とする方が良いでしょう。

既卒3年目、今年がギリギリ大企業を受けられる年、ということで気合いが入っていてこの既卒年数で学生時代のことをアピールしても面接官からすると、

「学生時代のことしかアピール材料がないのかな?卒業後、何もしていなかったのかな?」

といったことになります。

既卒になってからのアルバイト経験、資格取得のこと、就職活動で何を学んだかといったように既卒になってからのことを自己PRの中心にすることが重要といえます。

既卒向け就職エージェントの活用

新卒の時と違い、既卒の就活では既卒向けのノウハウが必要となります。
アピールの仕方、面接対策の内容なども既卒向けに切り替えることが重要です。

既卒となって就職できない人のなかには、就活準備が新卒の頃とあまり変わっていない人もることがあります。

既卒者を専門とした就職エージェントを活用することで、既卒者が内定を獲得するためのノウハウを得ることが出来ます。

また就職エージェントには既卒者向けの大企業からの求人がある場合も。
大手企業の採用ページからのエントリーだけではなく、就職エージェント経由でも応募出来る企業もあります。

大企業のグループ企業も含めて考える事ができるばあい、就職エージェント経由での求人紹介もぜひ活用してみてください。

既卒者の就職支援についても経験を豊富に持つアドバイザー、コンサルタントた就職活動に関する相談に何でも乗ってくれることも、就職エージェントを利用するメリットです。

自分一人で就活をすると、不利になることが多く大変な既卒の就活ですが、既卒向け就職エージェントを利用することで、

圧倒的に楽に就活を進めることができる

ようになります。

⇒ 既卒 おすすめ就職エージェント

行動量を増やす(応募する企業を多くする)

既卒者の内定率はお世辞に高いとはいえません。
どちらかというと、不採用になる既卒者の方が多い就活となります。

そのため、大企業から内定を欲しいのであれば、受ける企業の数を増やすことも重要です。

大企業を受ける場合、就活スケジュールは新卒と同様なことも多いでからエントリーの締切など、しっかりチェックしスケジュールを把握し、並行して複数の企業へ応募をすることになります。

スケジュールを考えつつ大企業からの内定がゼロで就活が終わらないように、中小企業への就職活動も進めるのが安全でしょう。

既卒1年目、既卒2年目の場合には、既卒3年目までは応募可能な大企業が多い事から引き続き、大企業への就職を目指して就活を継続することも考えられます。

どうするかも、就活の後半で決める必要がありますね。

大企業ほど、既卒者の採用をしている

大企業ほど、既卒者の採用に積極的です。

HRプロが以前行った調査がありますが、既卒者の内定があった企業は、

・従業員数1001名以上の企業 36%
・従業員数301名~1000名の企業 22%
・従業員数300名以下の企業 10%

といった結果となっています。

ごく少数の採用だったとしても、大企業は既卒者の採用を実際に行っています。

既卒になったからといって大企業へ就職できない、ということではなく、就職はできるということになります。

一般的にも知名度が高い大企業ではなく、BtoB企業などで知名度が低く、新卒学生もあまり多く応募しないような大企業を狙うのがポイントです。

大企業、隠れ優良企業、ホワイト企業への就職を目指す既卒の方も多いと思います。

就職活動の進め方の一つの方法として、大企業を狙う就職活動についてご紹介をしました。

就活のタイミングを見て、より多くの既卒向け求人情報を知りたい、確実に就職先を決めたい、ということになった場合には

⇒ 既卒 おすすめ就職エージェント

などを活用しての就活もオススメです。