フリーター就職相談
既卒 フリーター 職歴なしからの就職 > フリーターから就職成功 > フリーター 就職相談はどこにすべき?

フリーター 就職相談はどこにすべき?


フリーター就職相談

正社員になりたい!フリーター 就職相談はどこにすべき?

正社員になりたい!

とは思うけれど・・・就活のはじめ方もよく分からない。

出来ればどこかに就職相談をしながら、就活を始めたい。

そうしたフリーターの方も多いと思います。

気がつけば20代後半、というフリーターの方が就職する事に対して焦りを覚えている方も多いのではないでしょうか。

フリーターを脱出して正社員就職するチャンスは、20代の間に多いです。

30歳を越えると、未経験から正社員就職は一気に厳しくなります。

就職が完全に無理、詰む、といった訳ではありませんが、かなり限定された就職先しか見つける事が難しくなります。

職歴なし・社会人未経験。
フリーター(既卒、ニート、大学中退の方も含めて)から正社員就職を目指すには20代の間に行動する事をオススメします。

20代の内であれば、内定率が高くなります。

フリーター就職支援サイト

就職できないフリーター
一人での就職活動では、正社員の仕事が決まる気がしない。
自信が無い・・・

といったフリーターの方も多いと思います。

就職相談をしながら、フリーターから正社員就職を目指したい

そうした方向けの就職相談もできる、サポートありの就活方法がフリーターに特化した就職支援サイトの活用です。

⇒ フリーター向け就職支援サイト

で詳しくご紹介をしていますが、ジェイックやDYM就職、就職shopなど民間の正社員就職支援サービスを利用する方法がオススメです。

職歴なし・社会人未経験、フリーターから正社員就職を目指すにあたり、手厚い就職サポートを受ける事が出来ます。

20歳~29歳といった基本的には20代の仕事探しをしている方向けの就職支援サービスが多いです。

こうしたフリーターに特化した就職支援サイトを利用するメリットは、やはり多くの就職支援実績があり職歴なし・社会人未経験者が正社員就職するためのノウハウが多く蓄積されていること。

また扱う求人がフリーター歓迎の「未経験OKの正社員求人」ばかりであること。

これだけでも、職歴なしフリーターが正社員就職しやすい状況といえます。

フリーター歴が3年、4年と長くなると就職活動が難しくなっていきます。

一人では上手く就活を進められるか不安、就活のはじめ方もよく分からない、といった方は最初からこうした就職支援会社を利用して就職相談をしながら仕事探しをしてみてはいかがでしょうか。

思った以上に短期間で正社員就職に成功する方も多いですよ。

フリーターの就職が成功しにくい理由

売り手市場なのに仕事が決まらない・・・

そうお悩みになっているフリーターの方も多いのでは、と思います。

特にフリーター生活が長くなっている方が就職活動をすると、就職先が決まらず就活期間も長期化する傾向があります。

就職活動って長引くと当然ですが、モチベーションを維持するのが難しくなります。

モチベーションが下がると求人への応募数も減り、さらに就職成功の可能性が減る・・・という悪循環が始まってしまいます。

それを避け、早期に就職成功するためには「フリーターの就職が成功しにくい理由」を抑え、避ける事が重要です。

就職出来ない状況を脱出し、フリーターから正社員になるために。

ぜひ以下のポイントを見直してみてはいかがでしょうか。

自己分析がしっかり出来ていない

自己分析がしっかり出来ていない場合、

・自分に向いている仕事
・やりたい仕事

といった事が分かりません。
少しでも自分の適性、向いている仕事が分かっていれば、職種を絞って就職活動をする事が出来ます。

手当たり次第、様々な業界・職種の求人へ「そのうちどこかから内定がもらえるだろう」と応募をしていても、かえって効率が悪いです。

またもし、その就職活動の方法で内定が出たとしても「本当に入社して良いのだろうか?」と今度は悩む事になってしまいます。

志望動機が弱い

自己分析とつながりますが、志望動機が弱いために人事担当者にアピールできていません。

書類選考で落ちる場合、志望動機が弱い場合が多いです。

求人を選び過ぎている

フリーター期間が長くなると(年齢が上がると)、応募出来る求人が限定されてきます。

そうした状況であっても、もっと良い会社があるはず、この会社は知らない、この仕事はしたくない、といったように求人を選び過ぎていると、いつまで経っても応募が出来ません。

正社員求人へ応募をしなければ、採用される事はありませんね。

就職活動が進まなくて・・・といった場合、求人を選び過ぎている事が多いようです。

ネガティブになっている

就職先がなかなか決まらないと、つい気持ちがネガティブになります。

フリーター歴5年。27歳のフリーターは、就職ができないのでは・・・

ネガティブは気持ちは面接官にも伝わるものです。
一緒に働ける人材かどうかも、面接ではチェックされています。

ネガティブな発言になっていないかどうか、再確認が必要です。

面接のマナーが出来ていない

職歴なし・社会人未経験、だからといって面接時のマナーも知らなくて良い、という訳ではありません。

ドアを開ける時点から、マナーはしっかりと見られています。
挨拶の仕方、自己紹介の仕方、面接中の受け答えはもちろん、仕草、退室まで。

しっかりと面接時のマナーを抑えておきましょう。

髪型、服装が乱れている

面接では見た目も大切です。
第一印象は、あなたが思っている以上に重要なんです。

人は見た目ではない、というのも事実ですが面接では第一印象が大切です。
それに、身だしなみが不潔な人とは一緒に働きたいとは思えません。

見た目の印象を整える事も、面接を突破して内定をもらうためには重要です。

20代 フリーター就職支援

20代は利用出来る就職支援サービスも多く、また未経験OKの正社員求人も多く見つけられる年代です。

フリーターや既卒、ニートといった無職、アルバイトから抜け出すには就職のチャンスが多いのでぜひ就活を頑張ってみてください。

フリーターから正社員になるのは、フリーターだった期間が長ければ長いほど難しくなってしまいますから、出来るだけ早く、1歳でも若い間に就活をスタートする事が大切です。

若さはそれだけで、就職する際に有利な条件となります。

・ハタラクティブ
・ジェイック
・DYM就職
・就職shop
・良い就職.com
・ウズウズ

などの他にも、たくさんのフリーター就職支援サービスが増えてきています。
上京支援に対応している就職支援会社もありますね。

地方にお住まいになっているフリーターの方で、地元では就職先が無い・・・といった場合には東京、神奈川などで就職する事も検討してみてはと思います。

就職支援サービスを利用する事で、

・就職相談
・求人紹介
・履歴書の添削
・企業の情報提供
・面接の日程調整
・面接対策
・入社語のフォロー

といったようなサポートを受けられます。

一人での就職活動は、大変になるフリーターの方も多いと思います。

就職支援サービスを利用する事で、あなたに合った求人を就職アドバイザーが探してくれます。

求人サイトでは見つけられないような非公開求人が多い事も、就職支援サービスを利用するメリットですね。

面接対策もしっかりサポートしてもらえますから、内定率の高い就職活動を始める事が出来ます。

フリーターの就職相談はどこにすれば良い?まとめ

20代フリーター向けに就職支援を行っている就職支援サービスはたくさんあります。

その中でも、20代で正社員就職を希望する方に特化して就職支援を行ってるエージェントとして、

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ジェイック

⇒ ハタラクティブ

をご紹介しています。

書類選考の通過率を高め、面接対策もしっかりと行うことが出来ます。

そのために、こうした就職支援の専門家からのサポートを受けながらの就活がオススメです。

利用は無料です。

就職成功率を高めながら就職活動をしたいフリーターの方は、就職相談から始めてみてはいかがでしょうか。

女性フリーターの方も多く利用して正社員就職に成功しています。
求人も多いですね。