フリーターから正社員就職するコツ

フリーターから正社員就職するコツ


フリーターから正社員、内定をもらうコツ

フリーターは就職出来ない?

フリーターから正社員になる!と決めて就職活動を頑張っているけれど・・・

・なかなか良い求人が見つからない
・応募したい仕事が無い
・書類選考で落ちる
・面接がどうしても上手くいかない
・内定が全然もらえない・・・

といったように就職活動で困っている方も多いのではと思います。

フリーターから正社員就職に成功するためには、やはり抑えるべきポイントやコツがあります。

就職活動のはじめ方が分からなくて・・・

といった方も、就職活動のコツを抑える事でスムーズに仕事探しを進めていく事が出来るはずです。

書類選考で落ちる。
面接で落ちる。

不採用が続いてしまうと、職歴なしのフリーターは就職できないのかな?と思ってしまう事もあるかもしれません。

20代フリーターの方はまだまだ未経験歓迎の正社員求人が多く見つかりますし、内定獲得している方もとても多いです。

30代フリーターの方も、職種の選択肢は減ってはしまいますが決して正社員就職が無理、という訳ではありません。

ただ、仕事内容の事や将来のキャリアを考えた場合には、できるだけ20代の間に正社員就職を目指した方が良いとはいえます。

ここでは、フリーターから正社員就職するためのコツについて掲載をしています。

就職相談をしたい、具体的に応募可能な正社員求人を探したい方は、

⇒ 既卒・フリーター向け就職支援サイト

の活用がオススメです。

数千件の求人の中から、あなたに合ったお仕事紹介をしてくれます。

フリーターから正社員就職するコツ

正社員就職するコツ
フリーターから正社員になるために求人サイトを利用、手当たり次第に応募をしても内定獲得は難しいです。

それどころか、お金(就活資金)も減っていきますし、就活期間も長くなってしまいます。

最後は就職無理!しばらくはフリーターで良いかな・・・と就職を諦めてしまう事にもなりかねません。

フリーターと正社員の大きな違いとして、生涯賃金の格差があります。
早く正社員として働く事で、収入が安定します。

20代は職歴なし・社会人経験なしフリーター、既卒からも正社員就職しやすい年代です。

チャンスを活かして、自分に合った仕事、就職先をぜひ見つけてください。

内定獲得、フリーターから正社員就職するためのコツの中でも重要と思われるものをピックアップしてご紹介いたします。

自己分析をしっかり行う

就職活動を始めるにあたり、自己分析をしっかり行う時間を取ってください。

応募書類や面接では、自分の長所・熱意・志望動機などを伝える事が必要ですが、自己分析が出来ていないと、アピールがうまくいきません。

曖昧、ぶれた内容になりがちです。

また求人を探すにしても、自分が得意な事、適性、長続きしそうな職種が絞れませんので、あっちの仕事良いな、こっちの仕事も良さそう、給料の高い仕事も応募したい、とブレてしまいます。

手当たり次第の応募になってしまう可能性があります。

自己分析をしっかりと行う事で、今後の就職活動の進み方が変わるといっても良いです。

フリーターや既卒の自己分析のやり方、コツについては改めて、まとめる予定です。

学歴不問・未経験歓迎の正社員求人を狙う

職歴なし・社会人未経験のフリーターの方も多いと思います。

フリーターから正社員就職を目指す場合、中途採用枠への応募となりますが、即戦力を求める求人へ応募しても書類選考に通る可能性が低いです。

「経験不問、未経験歓迎の正社員求人」

への応募を中心にする事が必要です。

大学中退や高卒フリーターの方は、高卒以上可、学歴不問の求人も追加で条件となりますね。

未経験者歓迎の求人ではあっても、応募者を増やしたいだけで本当は経験者・即戦力を採用したいと考えている企業もあります。

本当に未経験者歓迎の求人や企業を探す必要がありますが、なかなか個人で見分けるのは難しいです。

⇒ 既卒・フリーター向け就職支援サイト

を利用した場合には、エージェントが本当にフリーター歓迎、採用してから育てようという考えている企業を紹介してくれます。

フリーターに特化した就職支援サイトの活用は、情報収集に大きなメリットがありますね。

職歴なし・社会人未経験からの就職は、ポテンシャル採用、人物重視での採用を行ってくれる企業を中心に受けるようにする事が重要です。

大手企業よりも中小企業への応募

給与、福利厚生、待遇面、安定性、社会的信用など、様々な面で大手企業へ就職できた方がメリットがあります。

しかし、大手企業の場合にはフリーター採用はほとんどありません。
新卒採用で十分に人材採用が出来ている企業も多いですし、中途採用は経験者が主となります。

狙うにしてもまずは正社員としてキャリアを積んだ後の転職となります。

それに対して中小企業の多くは人手不足のため、未経験者の採用を行っている企業が多いです。

人手不足による倒産も中小企業は多いです。
それくらい、人が足りていない業界もあります。

中小企業の中にも、優良企業、ホワイト企業はありますよ。

そうした働きやすい企業からの求人を探してみる事も重要ですね。

フリーターの就活、情報収集には職場の詳しい情報を持つ就職エージェントが有利といわれる理由にもなっています。

フリーターからでも正社員として採用されやすい職種、仕事を狙う

世の中には様々な仕事、職種がありますが、未経験・フリーターから就きやすい仕事は限られてしまいます。

例えば、未経験者歓迎の求人で多く見られる仕事としては

・営業職
・事務職
・介護職
・工場技能職
・販売・サービス
・ドライバー

などが挙げられます。

正社員として経験を積んだ後、年齢によっては異業種転職を目指す事も十分可能です。

就きたい仕事があっても、フリーターから挑戦していてはいつまで経っても無理な事も多いでしょう。

まずは正社員として就職、キャリアをスタートする事が将来のためにも重要となります。

情報収集、面接対策をしっかり行う

内定獲得のためには、自己分析をしっかりとした上で、企業の情報収集、面接対策も行う事が必要です。

「自分は本番(面接)に強いから!」

と思わず、しっかりと面接対策を行いましょう。

フリーターが面接で必ず聞かれる質問も幾つかありますし、想定外の質問がされても答えられるように準備はしておくべきです。

就職エージェントを利用する事によって、応募する企業ごとに面接対策をする事が出来ます。

個人で就活を行う際には、面接対策の書籍を買って参考にしたり、SNSで情報収集をするなどが必要です。

就職エージェントの活用、プロのアドバイスを受ける

フリーター歴が長い方、既卒になって間も無い、大学中退してすぐなど様々なタイミングでの就職活動となると思いますが、いずれの場合も成功率の高い就職活動をするのであれば就職エージェントの活用をオススメします。

ブランク期間が長い方には特に、就職エージェントの利用がオススメです。

非公開求人が多く、職場にも必ず足を運び環境や仕事内容を取材しています。

そのため、企業の詳しい情報を得てから応募を決める事ができるのは、大きなメリットではないでしょうか。

最近だと、書類選考無しで面接が受けられる就職エージェントもあります。

書類選考無しのメリットも大きいですね。

一人で就活をするよりも成功率の高い就職活動が出来る、という意味からも利用をオススメしています。

⇒ 既卒・フリーター向け就職支援サイト

利用は無料です。

30歳になる前、20代の間に就職先を決めたいといった方も相談をしてみてください。

1週間、2週間といった短期間での内定獲得の事例もあります。