フリーターから正社員として就職に成功
既卒 フリーター 職歴なしからの就職 > フリーターから就職成功 > フリーターから正社員として就職しやすい人の共通点

フリーターから正社員として就職しやすい人の共通点


フリーターから就職しやすい人

フリーターから正社員就職するには

フリーターから正社員へ就職に成功した人達には、共通点が見られます。

これから脱フリーター、正社員就職を目指して就職活動をする、という方も多いと思いますので、就職活動に成功するためのポイントとしてぜひ意識をされてみてはいかがでしょうか。

逆に言うと、次に挙げるような「就職に成功しやすい人の共通点」と逆の事をすれば、「就職に失敗しやすい人の共通点」となりますね。

無意識のうちに、就職に失敗しやすい人の就職活動になっていないかどうか、時々チェックする必要もあるかもしれません。

特に、書類選考で落ちる事が多いといった場合や、面接がどうしても突破出来なくて・・・といった場合には、再確認される事をオススメします。

フリーターから採用されやすい、就職しやすい人の共通点

職歴なし、社会人未経験。
フリーターから正社員として採用されやすい、就職しやすい人の共通点を知り合いの人事担当者や就職エージェントの方達から聞いて、まとめています。

これからの就職活動や、就活が上手くいかない時の再確認としてチェックしてみてはいかがでしょうか。

自己分析がしっかり出来ている

就職活動でまず重要となるのは、やはり「自己分析」ですね。

自己分析がしっかりと出来ている求職者の方は、志望動機もしっかりしてくるケースが多いということです。

自分の強み・弱み、向き・不向きをしっかりと把握する事は、望まないミスマッチの就職を防ぐ事にもつながります。

また、自己分析がしっかり出来ていると、自分を無理に良く見せようとする事も防げるのではないでしょうか。

無理に自分を良く見せて内定をもらい入社しても、入社してからが大変になることも考えられます。

また、やはり自分の適性にあった職種・仕事を選ぶ事は、早期離職を防ぐ意味でも重要なことといえますね。

将来のビジョンがある

フリーターから正社員就職、初めての就職活動となる方であったとしても、面接でしっかりと将来のビジョンなどを自分の言葉で話す事が出来る方ヘは、面接官からの評価は高いです。

それは、「長くしっかり働いてくれる」という期待感にもつながるようです。

人材を中途採用する場合、その人材が長く働いてくれるかどうかも、人事にとっては重要なポイントですからね。

長く働く理由がある、と言った事も面接ではアピールされると良いでしょう。

正社員就職を諦めない

就職に成功した人達の中には、やはり就職活動の期間が長期となってしまい、苦労したという方も多いようです。

しかし、諦めずに履歴書の内容、面接での受け答えを見直しながら就職活動を続け、最終的に内定獲得。
就職先を決めた方はとても多いということです。

確かに諦めたらそこで終わりますからね。

就職する事へのモチベーションは色々とあっても良いですね。
元のフリーター生活に戻りたくない、もっと安定した収入が欲しい、結婚のために正社員になりたい。

辛い就職活動になってしまったとしても、諦めずに就職活動を続けていく事は最も重要といえそうです。

コミュニケーション能力がある

フリーターや既卒といった方を採用する際、面接官が気にすることが多いのは、

配属された現場で先輩社員と馴染めるかどうか

といった事もあります。

人間関係が退職理由として多いですからね。

新入社員が早期退職する際の理由としても「職場の人間関係」が挙がる事は多いです。

職場に馴染めずに孤立、先輩社員が話しかける事も大切ですが、中途入社する事になる人も、積極的に話しかけ仕事を教えてもらえたり、雑談をするようなコミュニケーションが求められるといえます。

社会人としての常識があること

面接では第一印象がとても重要です。

履歴書を見て、どんな求職者の方が来るのだろう、と面接官も期待し緊張しているものです。

そこでは今の状況を問わず、社会人としてのマナーや常識も見られます。
応募する業界・職種にもよるとは思いますが、常識の範囲から外れないような格好をして面接に臨むことは当然といえます。

髪型、スーツ、ワイシャツ、靴など。
身だしなみにはしっかりと注意を払いたいですね。

靴の汚れもしっかり見るという面接官は多いです。

面接でのマナーもチェックされていますから、自信が無い方は事前に再確認をされた方が良いでしょう。

志望動機が明確

フリーターから正社員として採用される人は、やはり志望動機が明確です。

しっかりと自己分析や企業研究が出来ている事で、なぜこの仕事を志望して応募したか、どのように働いてどんな自分を実現したいか、といった事が分かりやすくアピール出来ている事が多いということです。

志望動機が弱いと感じる求職者の方は、やはり「使い回しの志望動機に感じる」ような無難な、他の企業の志望動機にも使えるような内容だと感じるそうですから、注意が必要といえます。

フリーターから正社員就職に成功するために

フリーターから正社員として就職に成功しやすい人の共通点をピックアップしてご紹介しました。

いずれも重要なポイントとなりますので、応募書類や面接でしっかりとアピールできるように準備が出来ているか、時々は確認をされてみてはいかがでしょうか。

就職活動を始めたばかりの頃は、まだ準備も十分では無い事もあります。
また、就職活動が長引き始めると、ついモチベーションが下がり企業研究などが不足してくることもあるのではないでしょうか。

他にも応募者がいる事も多い就職活動、本当に就きたいと思える仕事が見つかった時に不採用になると、精神的にもキツイですよね。

しっかりと応募書類(履歴書、職務経歴書)でもアピールをし、面接でも面接官にアピールができるように準備を整えてくださいね。

内定率の高い就職活動がフリーターの方にオススメ

フリーターから正社員就職
最近では、フリーターから正社員就職に成功した人の多くがフリーター向けに特化した就職エージェントを利用して就活をしています。

フリーターは新卒とは違い、基本的に一人での就活となります。
そのため、就職活動の情報も入りにくいですし、就活で困った時に情報交換をする相手もいません。

孤独な就職活動になりやすかったといえます。

しかし、

⇒ 既卒・フリーター向け就職支援サイト

などを利用する事で、専門の就職アドバイザーと就職相談をしたり、サポートを受けながら就職活動を進めていくことが出来ます。

孤独な就職活動になりやすいフリーターにとっては、こうしたサポートも重要な就職成功の要素といえるのではないでしょうか。

求人紹介も受けられますし、応募する企業にあった書類作成、面接対策も可能です。

こうした就職成功率を高めることが出来る就職エージェントを利用する事も、フリーターから正社員就職するためにオススメの方法です。